銀ブラ
2007年11月26日(月)

ぼくは今日まで「銀ブラ」とは

銀座を散歩や特に目的もなくブラつくこと、

だと思っていました。

ところが「銀ブラ」の語源は

銀座にある「カフェーパウリスタ」でブラジルコーヒーを飲む

ことを言うのだそうです。知っていました?!



毎日のように「カフェーパウリスタ」の前を歩いているのに・・

知りませんでしたね〜! なので少し調べてみたら


b0096548_23193270.jpg



カフェとはブラジル語でコーヒー、

パウリスタはサンパウロっ子と言う意味だそうです。



日本のコーヒーの歴史は1909年(明治42年)に

カフェーパウリスタがブラジル・サンパウロ州政府より

東洋におけるコーヒーの販売を一手に引き受け

全国的に販売したことに始まりました。


b0096548_23232082.jpg●星の中に女王の横顔、それを囲むようにコーヒーの葉と真っ赤な実があしらわれている「カフェーパウリスタ」のマークfont>








大正2年コーヒーの普及と宣伝を兼ねて銀座に

大衆的な価格(5銭)で本格的なコーヒーを飲ませるカフェを

スタートさせたのです。



芥川龍之介、与謝野晶子、菊池寛、久保田万太郎、

徳田秋声、佐藤春夫、などの作家や画家の藤田嗣治など

当時の文化人が多く訪れていたそうです。


b0096548_2330915.jpg



彼等の間で交わされていた「銀座にブラジルコーヒーを飲みに行く」が

「銀ブラ」の語源となったんですね。



b0096548_2331661.jpg



お店の前に“もうすぐ百周年”のサインボードが出ていました・・・

通り過ぎるだけではなく、近々ぼくも「銀ブラ」をしてきます〜♪(笑)

[PR]
by hoze-camp | 2007-11-27 23:34 | もろもろ
<< パティシエ ISOZAKI 不二家ミルキー >>



チョットおしゃれなアウトドア・キャンプのこと
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31